ろ~りぃの食卓

二十代の初め頃、「キャベツの千切りって、どうやるんだ?」と、訊いて呆れられ、みそ汁を料理るときに、具材よりも先に味噌を入れて蔑笑われた男でも、これぐらいの料理ならできる! と、云う、見本です。 料理が下手と云われて落ち込んであるあなた! 自分は料理なんてできないんだ、と、諦めてるあなた! このブログで自信をつけてください! わたいができることならば、だれでもできる! あなたにだって、きっとできる!

源頼朝伊豆配流の日のひとりめし

2019.04.19-1-2朝:トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、ミックスフルーツ・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ

1160年(承安4年3月11日) の今日、平治の乱に敗れた源頼朝が伊豆に流された。本来は義朝の嫡男として死罪となるところを、平清盛の継母である池禅尼の嘆願などにより死一等を減ぜられて、伊豆の蛭ヶ小島に配流された、と、通説では、なっている。

通説では、と、云うのは、厳正な歴史考証では、これらのなかの諸点において、疑義が呈され、検証の要が唱えられているからである。

歴史事実と通説では食い違うことが多く、だいたいにして、通説のほうが面白い。逆に云えば、面白いからこそ、多くの人に無批判無条件に支持され、通説となったのであろう。

多くの人に支持されていることが正しい、とは、限らないのである。

当然、多くの人に支持されている人が、正しい人、立派な人、とも、限らないのである。

ちなみに豊臣秀吉は、小田原征伐の折、頼朝が配流されていた地を訪れ、そこに安置されてあった像を撫でながら、「御身は卑しき流人から身を起して、天下の征夷大将軍となられた。儂は卑しき百姓から身を起こして、天下の関白となった。儂ら二人を措いて、かような人物は日の本の歴史に見当たるまい」と、うそぶいた、と、云う話がある。

これなどは、通説までにもいたらぬ、真偽不明の、たんなる伝説伝承逸話、の、類であろう。

もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。

頼朝の配流にいたる経緯が史実であろうがあるまいが、猿面関白がなにをほざこうが、そんなこととは一切無縁の、いたって非歴史、いたって非学問な献立である。

2019.04.19-2-2昼(弁当):麦飯(べったら漬け)、スクランブル・エッグス、ウインナー(5本)、菠薐草のお浸し


今日は大安のはずなのに、散々な弁当になってしまった。

本来は玉子焼きを料理るはずだったのに、玉子が容器にへばりついてしまい、期せずして、スクランブル・エッグスになってしまった。

菠薐草は冷凍保存しておいたものを、電子レンジで解凍したのだが、500W×5分で解凍したにもかかわらず、解凍しきれず、冷たいままの部分と、触れぬくらい熱い部分とのムラができてしまった。

それでも適当に混ぜて弁当に入れて置けば、昼までには全体に温め直るだろう、と、雑駁に考えていたら、菠薐草から汁が漏れ出てしまった。弁当箱から漏れ、保温ケース、布バッグ、と、通過して、スラックスの膝を濡らしてしまった。

まったく久しぶりの災難である。

さて来週であるが、来週は、徹底的手抜き週間になると思う。

思わず卵を買い過ぎてしまったのである。

と、なると、考えるべきは、晩食の主菜だけであるが、こうなってくると、邪魔くさくなってくる。

いっそ全部、近所のスーパーで、出来合いの総菜でも買ってこようか。

それはともかく、もうすぐ10連休(でない人もいらっしゃるかもしれないが)!

みなさまがたには好い週末を迎えられて、10連休前の最後の1週間に備えましょう!

来週もよろしくお願いいたします(^_^)/

よい歯の日のひとりめし

2019.04.18-1-2朝:トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、ブルーベリー・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ

今日は“よい歯の日”だそうである。

Wikipediaによると、“「よ(4)い(1)は(8)」の語呂合わせで日本歯科医師会が1993年に制定”した、とのことで、“他に11月8日が「いい歯の日」となっている”そうである。

語呂合わせとしては、なるほど、で、ある。

わたいの体験上、歯の具合が悪いと、どんなに旨いはずの料理でも不味く感じられ、食べてもいっこうに幸福感が湧いてこない。

また、歯医者に通院し治療するのが嫌で、あるいは邪魔くさくて放置しておくと、口臭や、酷いときには脳神経にまで、影響を及ぼすそうである。

それでなくとも、歯の具合が悪いと、1日中不快感に悩まされ、物事に集中することもできなくなってしまう。

むかし流行った台詞を藉りて云えば、芸能人ならずとも、歯は命、なのである。

もっともそのことと、わたいの食卓を飾る献立とには、なんらの関連もない。

歯の状態が好かろうと悪かろうと、歯が命であろうとなかろうと、そんなこととはいっこうに関係のない、いたって平々凡々たる、いつもながらの献立である。

2019.04.18-2-2昼(弁当):麦飯(みそかつおにんにく)、ピーマンの肉詰め(6個)、小松菜のわさび和え

ピーマンの肉詰めが小さいので、6個入れることにしたら、小松菜が全部入りきれなくなってしまった。残ったのはわずかだから、晩食に回すことにする。

ピーマンの肉詰めは、朝に冷凍室から出して、電子レンジで温め直した。若干、温まりきれなかったかな、と、思ったが、そうでもなかった。夜の間に冷蔵庫で自然解凍させておくか、時間を設定して解凍した方がいいかも知れない、と、思ったが、これなら朝方に出して温め直すだけで充分だろう。なんにしても、一度火はとおしているので、大事にいたることはないはずである。

みそかつおにんにくは、お気に入りのトッピングのひとつである。豚肉が主菜のときには必ず入れるが、そうでなくても、ビタミンB1を多く含んだ麦を米に混ぜているので、にんにくの効果は発揮されるであろう、と、期待している。

2019.04.18-3-2晩:玉子麦飯、即席みそ汁(長ねぎ、とろろ昆布、乾燥わかめ)、ピーマンの肉詰め(5個)、小松菜のわさび和え、熟成キムチ、冷奴、納豆、味付海苔

今度は朝出がけに、ピーマンの肉詰めを冷凍室から冷蔵庫に移しておいた。若干ピーマンにしわが寄り、見た目は悪くなったが、味に変わりはないし、栄養価にも影響はあるまい。見てくれはどうあれ、食べられればいいのである。

熟成キムチがなくなった。わたいの食材にしては、消費が早い。それだけ、気に入っている、と、云うことである。見た目は真っ赤で、如何にも辛そうであるが、実際には、全然、そんなことはない。野菜の旨味と魚介類の旨味とが混淆して、まろやかで甘やかな味である。それも、いわゆる調味料系のベタベタした甘さではなく、素材本来の甘さ、まさに旨味、と、云う味である。おそらく、本場のキムチの味であるに違いない。

納豆は最低でも、100回は混ぜてから食べる。いつも、だいたい、100~150回、混ぜている。納豆に限らず、オクラや山芋などの、ネバネバ系の食物は、しっかり撹拌してネバネバさせてから食すると、その栄養価が格段に上がるのだそうである。ハンドミキサーで、滅多矢鱈とかきまわせばよい、と、云うものでもないことは、いまさら云うまでもあるまい。

以前読んだとあるWebsiteの記事によると、100~150回くらいが、ちょうどいいそうである。他の連中同様、いたってヒネクレ者のわたいであるが、こう云うことに関しては、いたって素直に従うのである。

なすび記念日の日のひとりめし

2019.04.17-1-1朝:トースト(6枚切り×2枚)、半熟卵(2個)、アロエ・ヨーグルト、野菜ジュース、バナナ

「『この味がいいね』と君が言ったから四月十七日はなすび記念日」と、云うわけではなさそうである。

Wikipediaによると、“「ヨ(4)イ(1)ナ(7)ス」の語呂合わせ、4月が冬春ナスの最盛期であること、4月にナスが好物であった徳川家康に献上されていたこと、徳川家康の命日が旧暦の4月17日であること”により、“冬春なす主産県協議会が2004年に制定”したのだそうである。

盛りだくさんではあるが、いつもながら強引な理由づけである。

茄子も好きな食材のひとつなのだが、あまり料理らない。みそ汁に入れたり、単純に油で焼いただけでも美味いのだが、どうもあまり使わない。

第一、茄子は秋のもの、と、ばかり、思っていた。“冬春なす”なる単語を目にしたのも、初めてである。実物は、八百屋やスーパーの棚先などで目にしたことはあったであろうが……。

茄子=秋のもの、と、思い込んでいたのには、「秋茄子は嫁に食わすな」と云う俚諺や、「菜もなき 膳にあわれは しられけり  鴫焼茄子の 秋の夕暮れ 」と云う狂歌が影響しているように思う。本家本元の、「心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮」でないところが、我ながら、ヒネクレている。

ただそんなわけで、かつての一時期、茄子の鴫焼きに凝っていたことはある。

もっともそのことと、わたいの食卓に並ぶ献立とには、なんらの関連もない。

茄子が冬春のものであろうが、秋のものであろうが、まったく関係のない、秋茄子を食わす嫁もない、いたって殺風景で、無風流そのものの献立である。

2019.04.17-2-2昼(弁当):麦飯(鯨大和煮風ふりかけ)、揚げないトンカツ(2枚)、小松菜のわさび和え

揚げないトンカツは、最近のヒット賞! と、云えよう。

今回は基にしたレシピに従って、生姜焼用の豚肉を使ったが、次はトンカツ用の、厚めのものを使ってもいいかもしれない。ただし、よりジックリと、確実に火をとおすことを忘れなければ、の、話であるが。それに今回は、パン粉を付けすぎたような気がする。次回はもっと少なめでいいかもしれない。そのほうが火の通りもよくなるだろう。そうでもないかな?

小松菜のわさび和えは、シャキシャキした食感が残っていて、なかなか上出来である。あまり長く湯掻かず、菠薐草もそうだが、サッと湯に浸す程度が、丁度いい加減なのだろう。

この方法を称して、青菜はカラスの行水、と、云う(陰の声:云うか!)

2019.04.17-3-2晩:玉子麦飯、即席みそ汁(油揚げ、とろろ昆布、乾燥わかめ)、揚げないコロッケ(2個)、小松菜のわさび和え、自家製白菜の漬物、冷奴、納豆、味付海苔

鰯の生姜煮も、揚げないトンカツもなくなった。
そんなわけで、冷凍保存しておいた、揚げないコロッケを出した。朝出勤前に、冷凍室から冷蔵庫内に移しておこう、と、思ったのだが、キッチリ、忘れてしまった。
帰宅してから、室温内に出して自然解凍させてから、電子レンジで温め直したのだが、かえってそのほうがよかったようだ。型崩れもしていない。ひょっとすると、ラップをかけたまま、温め直したのがよかったのかも知れない。今度から、ラップをかけたまま、温め直してみよう。あるいは、ラップにくるんだ後、あるいはラップにくるまずに、電子レンジ使用可の、お気に入りのタッパに入れて冷凍保存しておくのも、一手かも知れない。今度試してみよう。
自家製白菜の漬物は、白菜1/4が余ってしまったので、思い付きで料理ったものである。けっこう甘味が出て、なかなかである。白菜1/4でも、2食分ほどにしかならなかった。漬物にすると、水分が出るのか、けっこう嵩が減るものである。これなら丸々1個で料理ってもいいくらいかもしれない。


ギャラリー
  • 源頼朝伊豆配流の日のひとりめし
  • 源頼朝伊豆配流の日のひとりめし
  • よい歯の日のひとりめし
  • よい歯の日のひとりめし
  • よい歯の日のひとりめし
  • なすび記念日の日のひとりめし
  • なすび記念日の日のひとりめし
  • なすび記念日の日のひとりめし
  • 康成忌の日のひとりめし